中野区の耳鼻科 「おかむら耳鼻咽喉科」 では、花粉症、副鼻腔炎、中耳炎、のど、めまいなどの一般的な耳鼻科診療はもちろん、小児の耳鼻科の診療も行っています。

〒164-0001 東京都中野区中野3-27-19 アルカディア中野1F
中野駅南口から 「徒歩3分」 、中野五差路から 「徒歩1分」

【診療時間】※休診日:金・日・祝
月〜木 9:00〜12:00 (受付11:30まで)
15:00〜18:00 (受付17:30まで)
土 9:00〜12:00 (受付11:30まで)

<予約優先制>当日予約できます

予約のご案内はこちら

耳管狭窄症

耳管狭窄症とは、耳管の換気機能が低下する病気です。

耳管は鼓膜の内側(中耳)と鼻の奥をつないでいる器官で、中耳はこの耳管により換気して中耳内の圧力を調節しています。

耳管を通じての換気が上手くいかないと中耳内の圧力と外界との圧力(気圧)に差ができてしまい耳がつまったような(塞がれたような)違和感を感じます。耳鳴を感じる方もいます。

飛行機やエレベーターに乗ったときに、耳がつまった経験はありませんか?

これは、急な上昇や下降による圧の変化に耳管の換気機能がうまく対応できなかったために起こる症状です。

そして、唾を飲み込むと治りませんでしたか?
これは、唾を飲み込む動作をすると鼻の奥にある耳管口が開閉して換気できるからです。

このように普段の生活でも一時的に耳がつまった感じがすることがあります。すぐに元に戻るようであれば、特に問題はありません。

ただ、すぐに戻るけど一日に何度も耳がつまり不快な方や耳がなかなか通らず不快な方は、お近くの耳鼻科で診てもらいましょう。

このような状態で、飛行機に乗ったりスキューバダイビングをすると、中耳に負担がかかり航空性中耳炎潜水性中耳炎を起こすことがあります。飛行機に乗る予定などがある方は事前に耳鼻科を受診することをお勧めします。

耳管狭窄症の主な原因は、鼻炎や副鼻腔炎などによる耳管口付近の鼻粘膜の腫れです。
耳管狭窄症の検査は、当院では必要に応じて、耳管機能検査や聴力検査をおこなっています。

耳管狭窄症の治療は、原因となっている疾患(鼻炎など)の治療と、通気治療(耳管に空気を通す治療)が中心になります。

なお、一日中ずっと耳がつまった感じがしている方やその他の症状(聞こえにくい、耳鳴、めまいなど)もある方は、突発性難聴など他の病気のこともありますので早めに耳鼻科を受診してください。

突発性難聴の場合は、発症から2週間以内(早ければ早いほどよい)に治療を開始することが重要です。

突発性難聴

東京都中野区の耳鼻科です。中野駅徒歩3~4分です。
花粉症、副鼻腔炎、中耳炎、のど、めまいなど
耳鼻科の一般的な診察・治療をおこなっています。
小児の耳鼻科診療もおこなっています。

インターネット予約はこちら

当院は予約優先制です

予約受付は、予約がいっぱいになり次第、終了します。
予約のない方は、受付時間内に直接ご来院ください。

予約について

自動電話予約はこちら

050-5846-8385

※平成25年12月3日より、電話番号が変更になっています。

お問合せはこちら

お気軽にご連絡ください

ご相談、お問合せはこちらへ

03-5328-0630

混雑時は、電話応対できない場合があります。
予約希望の方は、ネット予約・自動電話予約をご利用ください。

ご予約・お問合せはこちら

当院は予約優先制です

050-5846-8385

自動電話予約のご案内

お問合せ電話番号
03-5328-0630

診療時間

<月〜木>
9:00〜12:00 (受付11:30まで)
15:00〜18:00 (受付17:30まで)<土>
9:00〜12:00 (受付11:30まで)

※休診日:金・日・祝


予約受付は、予約がいっぱいになり次第、終了します。
予約がなくても、お待ちいただければ、診察させて頂きます(待ち時間は長くなることがあります)。
 

院長紹介

院長:岡村 由美子

日本耳鼻咽喉科学会専門医
東京女子医科大学卒業

丁寧な症状説明と患者さまのご要望に沿えるような診察を心がけています。
また、お子さまがこわがらずに治療ができるようスタッフ一同、心がけています。

クリニック概要

おかむら耳鼻咽喉科

03-5328-0630

〒164-0001
東京都中野区中野3-27-19
アルカディア中野1F

中野駅南口から 「徒歩3分」
中野五差路から 「徒歩1分」

アクセスはこちら

診療時間はこちら