耳が痛い 耳が痛くなる主な耳鼻科疾患

耳に痛みを感じる主な耳鼻科疾患です。

 

病状によって、治療方法など異なることがあります。

実際には、おかかりの耳鼻科の先生の指示に従ってください。

 

【急性中耳炎】

 

中耳(鼓膜の内側)が炎症する病気です。

 

強い痛みを感じる方が多く、高熱がでることもあります。

聞こえにくくなります。

耳から水のような膿のような液体(耳漏・耳だれ)がでることもあります。

 

治療は抗生物質などの薬の服用が中心ですが、状態によっては鼓膜を切開して排膿することもあります。

 

詳しい説明は以下のページをご覧ください。

 

→ 急性中耳炎

→ 航空性中耳炎(飛行機に乗ったあと耳が痛くなった方)

→ 潜水性中耳炎(ダイビングのあと耳が痛くなった方)

→ 小児の中耳炎(中耳炎を繰り返しているお子様のご両親へ)

→ 小児の耳漏(大人の方も同じです)

 

【外耳炎】

 

外耳道(耳の穴の入口から鼓膜まで)が炎症する病気です。

 

高熱がでることはほとんどありませんが、状態によっては強い痛みを感じます。

特に、耳を引っ張ると痛みを感じることが多いです。

腫れがひどくなると、聞こえもわるくなってきます。

耳から水のような膿のような液体(耳漏)がでることもあります。

 

治療は点耳薬・軟膏などの外用薬の塗布が中心です。

状態によっては、薬を服用していただくこともあります。

 

詳しい説明は以下のページをご覧ください。

 

→ 外耳炎

→ 小児の耳漏(大人の方も同じです)

 

【耳せつ】

 

耳の入口付近にできる化膿性の腫れ物です。

 

高熱がでることはあまりありませんが、強い痛みを感じる方が多いです。

治療は抗生物質など薬の服用と点耳薬・軟膏などの外用薬の塗布が中心になります。

 

【耳ヘルペス】

 

耳介や外耳道(耳の穴の入口から鼓膜まで)に小水疱(ヘルペス疹)ができる病気です。

 

高熱がでることはあまりありませんが、強い痛みを感じる方が多いです。

治療は抗ヘルペス剤の服用が中心です。

 

顔面神経麻痺をおこすこともありますので、早めに耳鼻科を受診してください。

 

※耳介(じかい)とは
文章で説明するのは難しいのですが、外から見えるいわゆる耳の部分です。

 

【耳介軟骨膜炎】

 

耳介の軟骨が細菌感染して、赤く腫れあがる病気です。

 

強い痛みを感じることが多いです。

治療は薬の服用と軟膏などの外用薬の塗布が中心になります。

 

【耳介血腫】

 

外傷により耳介に内出血がおこり、急激に腫れあがる病気です。

 

強い痛みを感じることが多いです。

治療は溜まった血液を取り除いたり、抗生物質などの薬を服用していただくことになります。

 

【のどの炎症が原因の耳痛】

 

上咽頭炎などによる「のどの痛み」を「耳の痛み」と感じることもあります(放散痛)。